子宮筋腫が起こすいくつかの症状|子宮に関するトラブルを即解決!

ドクター

高い可能性を持つ治療法

ナース

人工授精とは、人の手で精子を卵子に着床させ妊娠させるという方法のことです。現在多くの病院がこの不妊治療法を導入しています。大阪には、不妊治療及びこの人工授精に高い評価を得ている病院があります。

More Detail

治療の値段

カウンセリング

大阪府内には体外受精が受けられる病院が多く存在します。体外受精を受ける際は、「体外受精は全額自己負担」ということを頭に入れておきましょう。また、「卵巣過剰刺激症候群」という症状が現れる可能性があるということも覚えておきましょう。

More Detail

鍼灸を使った不妊治療

ウーマン

大阪には、鍼灸を使った不妊治療を行なっている鍼灸院があります。鍼灸によって得られる効果をそのまま不妊治療に活用するという、実に画期的な不妊治療法と言えます。自分の身体状態に合った不妊治療を受け、元気な赤ちゃんを授かりましょう。

More Detail

子宮筋腫の症状や治療法

うつ向く中年女性

子宮筋腫は、40代の日本人女性の4人に1人が抱えていると言われている病気です。良性の腫瘍ではありますが、体に様々な症状を与えることがあります。筋腫が大きくなると、生理時の月経量が多くなったり、程度の重い腰痛が発生したりします。その症状によって貧血を起こし倒れてしまう、というケースもあります。この子宮筋腫の厄介なところは、原因がハッキリと分かっていないというところです。一説には女性ホルモンが関係していると言われていますが、説の域を脱していません。尿の感覚が短くなったり便秘が続いたりしたら、子宮筋腫の可能性を疑いましょう。また子宮筋腫は月経と深い関係にある病気なので、普段の月経とは違う何らかの症状が見えたら病院に診せに行くようにしましょう。

子宮筋腫の治療法には、薬物療法や漢方薬を用いた漢方薬治療、ホルモン治療など様々な治療法があります。どの治療法もある程度の効果を期待できますが、やはり重要なのは自分の症状に応じた治療法を見つけ、それを継続することです。もし筋腫が大きくなってしまうと、外科手術によって筋腫や子宮を切除することになってしまう可能性も出てきます。そのレベルにまで達しないよう、早い段階で検査を受け、自分の体に適した治療法を見つけましょう。子宮筋腫は自覚症状がほとんど発生しない病気なので、便や月経に何らかの違和感を覚えたらすぐに病院に行きましょう。定期的に婦人科検診を受けに行くのも1つの方法です。