子宮筋腫が起こすいくつかの症状|子宮に関するトラブルを即解決!

ドクター

治療の値段

カウンセリング

体外受精は、大阪にある専門の病院で受けましょう。大阪の多くの病院で行なわれている体外受精の流れを説明します。体外受精の大まかな流れとしては、まず最初に女性に排卵誘発剤を使い卵巣を刺激します。排卵誘発剤を使えば多くの卵子が排卵されるようになり、卵子が若干刺激された状態になるのです。次に採卵します。採卵とは、簡単に言うと卵巣から卵子を吸引する作業のことを言います。吸引する時針を使いますが、かなり細いので痛みはほとんど生じません。採卵が済んだら媒精に移ります。吸収した卵子に事前に摂取しておいた精子をふりかけ、専用の機械の中で受精させます。その後、受精卵を専用の培養液で育てます。ここで約1週間の期間を置きます。そして最後に胚に移植し、人工授精の一通りの流れは終了となります。大阪府内にある病院だけでなく、大阪府以外にある病院もこのような流れで進めていくケースがほとんどです。

体外受精を受ける際に発生する費用は、病院によって大きく異なります。平均して50~100万円以下と考えておくとよいでしょう。注意しないといけないのは、「体外受精は全額自己負担となる」という点です。現在日本では、人工授精は保険適用外の治療となっています。そのため体外受精における全ての作業は全て自己負担となってしまうのです。ただ自治体によっては補助金が出ることもあるので、事前にHPや電話で調べておくとよいでしょう。

体外受精を受けた時に、「卵巣過剰刺激症候群」という症状が体に現れることがあります。体外受精の流れの中で排卵誘発剤を使うのですが、その薬剤の影響で卵巣が腫れることがあります。その結果腹水や血栓症を発生させることがあるのです。この症状のことをと言います。卵巣過剰刺激症候群が見られたら、すぐに受診に行きましょう。